Q:どうすれば仕事依頼が増えますか?⇒A:考え続ける事と振り返る事。

赤 兩椛(せき りょうか)です。

 

今日のお題

 

Q:どうすれば仕事依頼が増えますか?⇒A:考え続ける事と振り返る事。

 

よく

自分は考え過ぎの性格で困っています・・

考えると悩み過ぎて最終的に悪い方向にばかり考えてしまいます・・

自分の考えに自滅しています・・

 

という方がいらっしゃいます。

 

これは仕事に限らず、恋愛や人間関係においても同じです。

 

人の気持ちを深読みしすぎて疲れる・・って事あなたもなかったですか?

 

私は今でも常に色々考えていますし(あ、、でも人間関係は悩んでいないかもです。⇒『【人間関係】私が思う信用できない人・6つの見極め』)

 

仕事で壁にぶつかる事もあるのですが、大きな夢を見れるほどの特別な能力はないと分かっていますので、自分が出来る範囲の最大値を目指して(人と比べない)活動をやっています。

 

成果を早く出したいから焦ったり、過剰な無理をしても続かないと分かっているので、今は自分が望まれることを丁寧にしよう!って感じです。

 

振り返ると、活動1~2年目位の方が道に迷い焦っていたような感じがします。

 

記事数を増やすために真夜中に起きてブログとか書いていました。

 

でももう今は出来ません、不健康極まりなかったです。笑

 

でもやはり成果が出せる人は色々考え続けた人なのです!

 

巷でよく

 

即行動する人・行動量の多い人⇒そういう人は結果出しやすい・出せる!

 

みたいに書かれているのを見かけませんか?

 

でも私はそう思っていなくて、行動すれば結果が出る!≠繋がらないと思います。

 

そこには考えがあるか?・誰に向けやっているか?』って目線が必要なのです。

 

私の場合で言いますと占いを売っていますので、お申込みを増やそうとするならば仕事の作業として

 

●毎日ブログを書く。

●毎日Twitterで発信する。(人によっては他のSNS・YouTubeや音声の発信)

 

となります。

 

ですが、記事・ツイートを毎日したら露出は増える⇒その作業をしていれば良い!という単純なものではなく、(書くことを重ねて書き方そのものは上手になることはありますが)

 

どこかの誰かに共感されたり・解決策に近づいたり、役立つヒントとして書いていなければ、自己満足な発信で終わってしまうのです。

 

それによって何が起こるかというと残念ながら、作業はしているのにお申込み(仕事)は得られないという事になります。

 

占い以外のお仕事の人でも、パターンは違うと思いますが、自分が必要とされる為の動きはどうするべきなのか?は色々考えないといけませんし、もしかしたら今までのやり方を覆さないといけない…!と、気が付く時もあるかも知れません。

 

さいごに。考えすぎる事は悪くないが自己を顧みれた時こそ案が浮かぶ!

 

上手くいかない原因はどういう所なのか?の根本を逃げずに(嫌な面の再確認・結果がまだ出ず苦しい日々が続くかも知れませんが)真摯に考えられた人は、突如何らかの案が閃きます!

 

そしてそれを続け重ねると、やっと地上にちょっと芽が出るって感じですが、一番大事なのは

 

もし依頼(自分の必要性)がないと感じるのなら、前に進む前に、自分の上手くいかない原因を徹底的に考えてこそちょっと次(先)に進めます。

 

逆にいいますと(誰に必要とされるものなのか?)を考え続ける事によって(復習と修正)チャンスは巡ってくるという事です。

 

自分!自分!と考えているうちは、チャンスの神は微笑んでくれないかも知れません。

 

それでは今日はこの辺で。

 

※※※※※

■関連記事

ビジネスで成功する為には、亀のスピードでも継続の努力を!

 

悪い人間関係→運気が下がる・良い人間関係→運気が上がる

せき りょうか 東京在住・元関西人。占いを通し人の性情を知り、奥が深いな~と日々感じながら鑑定しています。占いって自分や人をより深く知るもの・転ばぬ先の杖・今後のヒントを知ることだと思っています。おいしい料理とお酒を食することが最高の幸せ! 詳しいプロフィールはこちら
投稿を作成しました 410

丁寧鑑定受付中

大人気の四柱推命!

大人気の命名・姓名判断!

目をそらしてる心理を探るタロット!

自動鑑定ではなくあなたのお悩みやスタイルにあわせたオリジナリティ溢れる鑑定!

分かりやすく丁寧・心がスッキリするとお声を頂いてます。

赤 兩椛(せき りょうか)の鋭い感覚と独特な目線で鑑定します!

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る