人は何故占いをするのか?

赤 兩椛(せき りょうか)です。

人は何故占いをするのか?どんな占い師に見てもらいたいか?占った事をどう活かすか?を私なりに考えてみました。

Q何故占いに行くの?

⦿今、悩んでる事に対して誰かに話しを聞いてもらいたい。背中を押してもらいたい。

⦿親、友達よりニュートラルな観点から自分を見て助言して欲しい。

⦿理にかなった説明、根拠も含めたアドバイスが欲しい。

⦿自分の良い時期・悪い時期を知りたい。AとB、どちらの選択をすればよりよい選択になる可能性が高いのか。

⦿悪い流れや、時期を回避する為の心持ちを知りたい。

⦿流れのいい時に、結婚、就職、転職、独立等したい。

⦿恋人や結婚相手との出会いの時期・相性を知りたい。

⦿夫、妻、子供、彼、彼女、の性格、適性が知りたい。等々・・

Qどんな鑑定士に見てもらいたい?

皆さん、占いをしてもらうなら当たる占い師に見てもらいたいですよね。

しかし100%当たる占いは超能力者でない限りムリに近いと思います。(超能力者でも100%はムリかも知れません。。)

勿論命式上から良い時期・悪い時期が分かるので確率として良い時期や悪い時期・性格的な事は分かりますが

全ての事を占いで決めたらいいという鑑定士さんは注意が必要だと思います。

では占いには何を求め、相談したい人ってどういう人?と考えてみました。

◉もし私なら・・

占いに対して真摯に向き合い勉強し、限られた鑑定のお時間の中で

今相談者の方がどういう事で悩み、どういう言葉を求めているか、そして良い道に導けるアドバイスとは何か?

背中を押せる言葉はどんな言葉か?

をお答えすることだと思っています。

それには人生経験を色々し、人間観察に長け、総合的に見極める力を持ち後日

また何かあったらあの人に見てもらいたいなぁ~』と思えるような人じゃないかな?と私は思います。

Q占いの結果をどう活かす?

結局はご自身が鑑定結果を聞いてどう動いて行くか?によって人生は大きく変わってくると思います。

四柱推命や姓名判断のように持って生まれた宿命はある程度命式にも表れますが、それも100%ではありません。

生まれ育った環境や親を変える事は出来ませんが、選択していく道で人生を変える事は可能です。

どれだけ良い星で生まれてもそれを活かせる生き方をしないと宝の持ち腐れになるし

どれだけ悪い星の下に生まれても好転させる生き方をし、良い指針をくれる人達とどれだけ知り合えるかで、必ず良い方向へ進む可能性を切り開く事は出来ます。

そして人生は想定外のことが起こりますので

自分の適性や注意点を知っておけばそれを見越して考え動く事も出来ますし、早めに修正することも出来ます。

勿論、飛躍への足掛かりのヒントにもなります。

ご自身の良い所・悪い所を知り、気付きを得て、注意点を知り

転ばぬ先の杖

心のおまもりの言葉

という感覚で占いを利用して頂きたく思います。

もし苦しい事でお困りなら
やり直しのタイミング

新たな出発なら
いつが良いかのタイミング

あなたの今ある状況の中で最善の動きやヒントを持たらせる為のアドバイスを一緒に探すと捉えて頂けると幸いです。

■参考記事

【占い全般】占いは当たるの?当たらないの?