【占い師活動】占術は複数持つべきなの?

赤 兩椛(せき りょうか)です。

 

今日はどちらかというと占い師さん向けの記事になりますが

 

占術は1つ?複数持つべき?について書いてみたいと思います。

 

『出来る占術を複数持っている方がいいのか?』ですが、私見ですが①メイン②サブ占術⇒最低2つ位ある方が回答に迷った時は後押しになると思います。

 

とはいえ自分が得意とする占術を持つ&深堀りする方が先決で、まずは一つの占術をある程度クリアしてから、他占術に進むのがいいような気がします。

 

占いをする限り、自分の軸となるメイン占術は持った方がいいと思います。

 

幅広く浅く知識を複合させた占術もアリですが、やはり『〇〇さんと言えば〇〇〇〇(看板占術)』と思われるような占術を持つことは、占い師として活動しようとお考えなら必要かもしれません。

 

後は、人柄。

 

人柄は個人・個人によって、好きなタイプ・嫌いなタイプがあるので、そこはもう占術云々ではないのですが、ご依頼者さまが占い師の人柄をHPやブログ・SNSから判断し(自分が占い師の考え方に共感や納得があり、観てもらいたい!)と思われるかどうかだと思います。

 

話を戻しまして

 

学習していく中でぶつかるのが、1占術だけだと心許無い・・?

 

と感じる時が来るかもしれません。

 

確かに、複数の占術を扱えたら、判断に迷った時に違う占術観点から観てどうなのか?と考える事も出来、後押しの材料にもなりますので、迷った時の判断として2占術位持っておられると、心強くはなると思います。

 

とはいえ、

 

私見ですが、メイン占術も中途半端の学習であれもこれも手を出す位なら、1つの占術を深め、ある程度できるようになってから⇒2占術目に進んだ方がいいように思います。

 

広く、浅く複数占術を使えるのも一つの戦略かもしれません。

 

それもアリっちゃアリですが、それは反対に考えると得意もないという事になります。

 

よく占いを学習するなら、命卜相術を一つずつ使いこなせるのが良いとされていますが、それも人それぞれだと思います。

 

※※※※※

■関連記事

命卜相術って何?

どちらの選択が良い?(AorB)|悩んだときはタロットに聞いてみてください!

 

※※※※※

沢山いる占い師さんの中からあなたが選ばれるには、その人の特化占術(強み)を作る事が一番良いと考えています。

 

みんながやっているから

一般的にそう言われているから

 

と言って興味のない占術を勉強した所で、回答に深みが出てこない感じがします。

 

好きな占術だからこそ、熱も入りご依頼者さまに響く回答が出来るのではないか?と思うのです。

 

ですから例えば、命術が得意な人なら命術ばかりを学習したら(西洋問わず)他の人にない発想が生まれたり、1占術を特化させたからこその閃きがある!みたいな事もあると思うのです。

 

後、占術だけでは分からないことがある⇒ご依頼者様がどんな人か?何が聞きたいのか?を瞬時に察知する力!

 

これは、(霊感等の特殊術はちょっと置いておいて)ご依頼者様が鑑定で何が聞きたいのか?何に悩まれているか?を、ご依頼者様と少し会話した時に察知しなければなりません。

 

※とはいえ、10分鑑定みたいな短い時間の鑑定では厳しいですし、(それは一問一答で。)お客様側もそれを求めてはいけないと思います。

 

対面鑑定なら、やりとりした会話・雰囲気・間(スキ)にその人を読み取る。

 

正直、メール鑑定は顔を合わせて話す訳ではないので分かり辛いです。

 

ですから、なるべくご依頼者様にはお手間をおかけしますが、(占い師側も手間がかかります)ヒアリングの時に、その人の現在の状況で今後どうしたいか?的を得た質問をする。

 

そしてご依頼者様に(なるべくあまり手を煩わせないよう)何度もやり取りするのは避け、最小限で聞きたいことを聞く質問が出来るよう心掛ける。

 

※ご依頼者様も面倒くさいとは思いますが、(出向かない分)鑑定はご自身の事なので、そこはご理解くださった方がより鑑定が良いものになると思います。

 

話を戻しまして

 

そこは占術どうこうではなく、占い師側のカン。

 

相手の心を読み取る力が必要となります。

 

占い師は結構大変ですよ。苦笑

 

さいごに。複数占術は持つべきなのか?

 

複数出来るに越したことはないが、まずは自分のメイン占術を持ち深堀する。⇒自分の軸占術を持ちましょう!(1占術で事足りる方はそれはそれで素晴らしい事!)

 

ある程度、メイン占術を掌握出来たら⇒セカンド占術の勉強もしていく。⇒その占術も自分が興味を持てるものにしましょう。

 

③占いは占術だけ磨くのではなく、人を見る力が必要です。⇒これは占術外なので勉強して分かるものではありませんが、人生経験を沢山積んでください。

 

嬉しい事も、楽しい事も、イヤな事も、苦手な事も、辛い事も、あなたが占い師として活動していく糧に絶対なります。

 

Q:経験で言うと年齢が高い人(歳食ってる人)が有利なの?

 

A:いいえ、歳食っていても何も学んでない・経験できてない人もいます。

 

若いからダメなのではありません。

 

『意識して物事を見ているか?』

『経験から何を学んでいるのか?』

 

が重要なのです。

 

ご自身が若くても

 

自分より若い方・あなたが知っている事を未経験の方に教える・相談したくなる人を目指してください。

 

イヤな事も辛い事も全て占い師としての成長の肥やしと思って頂けると幸いです。

 

それでは今日はこの辺で。

 

※※※※※

■関連記事

占いの勉強って何歳から始めるのがいいの?⇒何歳からでもOKです。でも・・

 

占いは無駄な事⁈いいえ、内面投資と考えたらむしろお安い位です!

 

赤 兩椛
せき りょうか 東京在住・元関西人。占いを通し人の性情を知り、奥が深いな~と日々感じながら鑑定しています。占いって自分や人をより深く知るもの・転ばぬ先の杖・今後のヒントを知ることだと思っています。おいしい料理とお酒を食することが最高の幸せ! 詳しいプロフィールはこちら
投稿を作成しました 362

丁寧鑑定受付中

大人気の四柱推命!

大人気の命名・姓名判断!

目をそらしてる心理を探るタロット!

自動鑑定ではなくあなたのお悩みやスタイルにあわせたオリジナリティ溢れる鑑定!

分かりやすく丁寧・心がスッキリするとお声を頂いてます。

赤 兩椛(せき りょうか)の鋭い感覚と独特な目線で鑑定します!

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る