【四柱推命】十二運(大運・年運)⇒あなたは今どんな時期?

赤 兩椛(せき りょうか)です。

 

今日は、大運(年運)で巡ってくる十二運はどんな時期?

 

働きについて書いてみます。

 

※基本的には命式の十二運と同じような意味合いなのですが、大運や年運の十二運は年毎に変わっていきます。(後天運)

 

十二運とは?

 

四柱推命でいう十二運とは輪廻の思想で人間の一生の流れを十二個の文字に置き換えています。

 

四季が移り変わるように、人生も移り変わります。

 

簡単に言いますと人生のサイクル。

 

①胎(新生命が宿る)→②養(母体で養われる)→③長生(オギャー♪生まれます)→④沐浴(産湯につかり)→⑤冠帯(青年期)→⑥健禄(ひとり立ち)→⑦帝旺(人生の旺盛期)→⑧衰(衰退時期)→⑨病(衰退・病気の心配)→⑩死(死期)→⑪墓(墓に入る)→⑫絶(霊魂状態)→①胎に戻る。

 

※その人の日干に対して、その十二運が力を与える時期となるか(プラスの働きをするか、マイナスの働きをするか?)を十二運も判断の一つとして複合させ観るのです。

 

※十二運を単体で見るのではなく、命式全体と併せて働きを考えます。

 

赤字⇒エネルギー強い

ピンク字⇒エネルギー中くらい

青字⇒エネルギー弱い

 

【胎(たい)のとき】

生命が宿る。純粋な発想。未知への希望。つぼみの状態。スタート前。注意が必要。強すぎず弱すぎず。身弱の人にはやや弱い十二運。

 

【養(よう)のとき】

力を養うとき。安定の手前。忍耐性。良くも悪くも母親との縁。身旺・身弱の命式にもそれなりに良い働きをする。

 

【長生(ちょうせい)のとき】

継続。スピードが上がってくる時期。これからスタート。聡明。身旺・身弱の命式にもそれなりに良い働きをする。

 

【沐浴(もくよく)のとき】

少しペースダウン。迷いが生じやすい時期。職業や住所・異性関係にも不安定さが表れる。無理はしない。身弱にとってはやや弱い面がある。

 

【冠帯(かんたい)のとき】

人生の上り坂に入る時期。仕事や勉強でも成果を上げれるとき。自我の強まり。身旺の人にとってはやや偏りのエネルギーとなる為、慎重さが必要。身中の人には良いエネルギーになります。

 

【建禄(けんろく)のとき】

運気活発で盛大。成人。身旺の人なら少々苦労の時。身中・身弱の人には活躍時期となります。

 

【帝旺(ていおう)のとき】

頂点に上り詰めた時期。目標達成。強気・独立。怖いものがない時期。今後緩やかに坂を下っていく。この時ほど慎重さ。身弱の人は活躍できる時期。身旺の人には少々つらい時期。

 

【衰(すい)のとき】

人生のピークを過ぎる。保守的・勢力が弱まる。落着き。慎重さ。身弱の人には少々エネルギーをもらい辛い時期に入る。

 

【病(びょう)のとき】

神経質になったり、気持ちが弱気になっていく時期。混乱。身旺の人にとってはエネルギーを抜いてくれる時期となる。

 

【死(し)のとき】

停止。物事の判断がつきにくい。執着心がなくなる。身弱の人には注意が必要。

 

【墓(ぼ)のとき】

動きがない。目立たない。能力を表立って発揮できない。金銭も使わず隠す。出し惜しみ。

 

【絶(ぜつ)のとき】

無の状態。大きく変化もある時期。一時的。非持続性。不安定さもあるが逆に大きく成果を出せる時期でもある。注意力を怠らなければ自分を変えるチャンスの時期とも捉えることができる。 ピンチはチャンス!身弱の人はつらくても波にのまれるな。

 

※※※※※

分かりやすく言うと、例えばですが身旺の人が、十二運で帝旺が巡る時は旺盛になり過ぎて、強いエネルギーが仕事ではワンマンな人となったり、人との衝突や自分自身の病気・家族との分離に働く暗示があると考えてください。

 

身弱の人に死や絶の十二運が巡ると衰弱傾向になり、働く気力がイマイチ湧いてこなかったり、恋愛にも積極的になれない暗示という感じですかね。

 

私は命式の総合バランスでいつも考えていますので、十二運は特に重要視していないのですが、意外に皆さん気にされているので(特に衰運・弱衰運の時)書いてみました。

 

自分は『傷官だから・・』とか『絶だから・・』とか『身弱だから・・』とか『〇〇星が大過してるから・・』とか、一か所だけにスポットを当てて考えない方が良いですよ~!

 

アシスタント・りょうこのひと言⇒私も命式が悪いから気にしていたら、りょうかさんが命式から見える原因を探してくれて、教えてくれたから少し気が楽になったよ。

⇑四柱推命をあまり知らなければ、ある一部分だけ見て『私って〇〇なのかな・・』と思ってしまいますよね。

 

人間は誰しも悪い部分に過剰反応する傾向があるからね!笑

 

それでは今日はこの辺で。

 

※※※※※

■関連記事

 

命式に『絶』がある大坂なおみ選手です。バドミントンの桃田選手も『絶』もちです。

大坂なおみ選手おめでとう!日柱・絶でもエネルギー強い!

赤 兩椛
せき りょうか 東京在住・元関西人。占いを通し人の性情を知り、奥が深いな~と日々感じながら鑑定しています。占いって自分や人をより深く知るもの・転ばぬ先の杖・今後のヒントを知ることだと思っています。おいしい料理とお酒を食することが最高の幸せ! 詳しいプロフィールはこちら
投稿を作成しました 348

丁寧鑑定受付中

大人気の四柱推命!

大人気の命名・姓名判断!

目をそらしてる心理を探るタロット!

自動鑑定ではなくあなたのお悩みやスタイルにあわせたオリジナリティ溢れる鑑定!

分かりやすく丁寧・心がスッキリするとお声を頂いてます。

赤 兩椛(せき りょうか)の鋭い感覚と独特な目線で鑑定します!

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る