【四柱推命】中庸(身中)とは?平均の価値観もあやふやな時代です。

赤 兩椛(せき りょうか)です。

 

よく・身旺・身弱は耳にするけれど、中庸って?

命式のバランスがとれた人の事を身中・中庸(ちゅうよう)と言うのですが、この記事では中庸って何?を考えてみたいと思います。

 

そもそも中庸とは?

 

 

四柱推命では自分のエネルギーの強弱を身旺(みおう)・身弱(みじゃく)といい、それによってタイプが分かれるのですが、その真ん中⇒均衡(平均的)は人は中庸(ちゅうよう)または身中(みちゅう)・中和(ちゅうわ)と呼び、バランスがある程度良い人の事を言います。

 

中庸⇒一定して変わらないもの。並・普通などを意味します。

 

絵で表すと・・

 

 

⇧天秤の傾きがなく、平均しているって事かな?

 

弁護士バッチも天秤が描かれていますよね。

 

 

外側に『ひまわり』中央には『天秤』がデザインされています。

 

ひまわり⇒正義と自由

天秤⇒公平と平等

 

つまり、傾いてはいけない。という事。下記は偏りのある命式⇩

 

 

⇧命式のバランスが、どこかが極端に強かったり弱かったりすると身旺・身弱(その中でも程度がありますが)アンバランスになりバランスがとれていない命式と考えます。

 

関連記事

身旺・身弱って?

身旺・身弱・身中の判断と性格

 

中庸の人の特徴とは?

 

元命式が中庸でも、四柱推命は大運・年運などの後天運(巡運)で命式が傾く時期が出てくるので、ずっと中庸ではありません。

 

運勢の良いとき・悪いときの上下幅も大きくない分、突き抜ける部分(突出)もないので、自分は何を活かして行けばいいのか?を読みにくい人でもあるのです。

 

平均である事は良い事なのですが、言い換えると極端な強みも弱みもないので、(悪く言えば)印象に残らない人とも言えます。

 

あくまで命式上はです。

 

 

ワンポイント

突き抜けてる部分を活かせる人なら(四柱推命は五行均衡論ですから突き抜ける部分を活かすのはNGに出る場合がある)として考えるのですが、私はその人が突き抜けた部分を使いこなせそうな人だと感じた場合、本来+そこを活かす方法を提案させていただいております。

 

逆にその部分に潰されてしまうと感じる人には、向いていないかも?路線変更も検討してみては?と提案させていただいております。

 

中庸の人の使命とは?

 

 

当方のご依頼者様にも二分されるのですが、

 

①『できるだけ普通に生きていきたい!平凡でも安定が欲しい!

 

と言われる方と、

 

②『自分は○○だし○○だから○○がしたい!または、したくない!その為のリスクは負います!

 

と分かれます。

 

 

命式上で言うと、①の人が中庸命式ならあまり問題は無いのですが、②の人が、そのような生き方をしたい場合、命式との乖離が出てきます。

 

後、命式上からはその人の強みや弱みも(命式上)見つかりにくいから、意外に中庸の人の方が鑑定的には難しい人になるのですよ。。

 

後、用神も定まりにくい上、変わる場合もあります。

 

ワンポイント

目指されている目標がハッキリ明確なら、言ってくださった方が鑑定がスムーズかも知れません。

 

普通である事だって、実は難しいのです。

 

※安定が良いか悪いかはその人の価値観になりますから、私は命式+ヒアリングからその人の価値観を想像しつつお答えしております。

 

中庸(平均)って何?

 

今のご時世、何が普通なのかも世代によって変わってきますし、平均(普通)の物差しって結構曖昧?

 

平均(普通)の価値観も現代あやふやな時代です。

 

あなたは何が平均(普通)なのか分かりますか?

 

私はよく分かりません。

 

 

私は若い方や他人者様に自分の価値観を押しつける事はありませんが、(自分たちの世代で培った価値観で拭い切れていない部分はありますが、)それは自分に対してだけ採用しているだけで、それを他人者様にどうこう言ったり、押しつけはしないように心がけてはいます。

 

自分の思う平均と・人が思う平均(一般的ともいうのかな?)との誤差はあると思います。

 

生まれ育った環境で価値観・常識も異なってきます。

 

 

私は四柱推命という占術を使って鑑定をさせて頂いておりますが、命式がそこまで万能でも、その人に寄り添ってる訳でもなく、個人の要素を知るための1つのツール(手段)です。

 

確かに命式はよく映し出している部分があるのも否定できないのですが、それでも1つの選択の提案だと私は思っています。

 

さいごに。私の思う中庸とは?

 

 

●偏った目線を止め、広い視野で物事を見たり考えたりする。色んな考え・人間がいることを認識し、その平均を知る。

 

●押す・引く、優先・譲る、施し・施される、受ける・答える、我慢(沈黙)・言う(しゃべる)等々、陰陽じゃ無いけれど自分がどちらかに一方的(偏り)が無いか考えてみる。

 

●平均(普通)であることだって難しい!

 

●運勢で言うとジェットコースターのアップダウンはないが、埋もれやすくもあると認識・どっちつかずでもある。

 

●心身共にある程度健康である。

 

これを心していれば、(ある程度人との摩擦も少なく)世の中は渡って行けます。

 

それでは今日はこの辺で。

 

※※※※※

関連記事

運命(人生)は自分が作り上げるものです。

命式はヒント&目標に!振り回されてはいけないという事

せき りょうか 東京在住・元関西人。占いを通し人の性情を知り、奥が深いな~と日々感じながら鑑定しています。占いって自分や人をより深く知るもの・転ばぬ先の杖・今後のヒントを知ることだと思っています。おいしい料理とお酒を食することが最高の幸せ! 詳しいプロフィールはこちら
投稿を作成しました 553

丁寧鑑定受付中

大人気の四柱推命!

大人気の命名・姓名判断!

目をそらしてる心理を探るタロット!

自動鑑定ではなくあなたのお悩みやスタイルにあわせたオリジナリティ溢れる鑑定!

分かりやすく丁寧・心がスッキリするとお声を頂いてます。

赤 兩椛(せき りょうか)の鋭い感覚と独特な目線で鑑定します!

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る