【起業・開業】社名・屋号・店舗名をつけるときの注意点とヒント

赤 兩椛(せき りょうか)です。

 

これから起業・開業する人にとって、ワクワク・バタバタな日々を送られてると思いますが、考えないといけないのは、社名や屋号。

お店を出す人なら店舗名ですよね。

 

会社や店舗は付ける名前によって、イメージが大きく変わります。

 

今後、発展の恩恵をあやかれそうなセンスが良い・尚且つ縁起の良い画数の名前にしたいですよね。

 

お客さまやクライアントにすぐに覚えてもらえて、何となく頭や耳に残る社名・屋号・店舗名。

 

それらをこれから考える人に簡単にアドバイスさせて頂きます。

社名や屋号を決める手続き

名前に関する手続きは、法人を設立するか、個人事業主としてビジネスを行うかによって異なります。

 

法人⇒会社名(商号)

法人を設立する場合、法務局で法人登記を行います。

登記をする際には、必ず『商号』を記載します。『商号』とは、会社名のことです。

つまり、法人を設立する際には、必ず会社名が必要となります。

 

個人事業主⇒屋号

個人事業主としてビジネスを始める場合は、税務署に『開業届』を提出する必要があります。

屋号』とは、個人が経営するお店や事務所の名前のことです。

 

しかし、個人で事業を行う場合は、必ずしも名前を付ける必要はありません。

個人名のままビジネスを行うことも可能です。

 

しかし、個人名でビジネスを行いたくない場合や、仕事とプライベートを完全に分けたいと考えるなら

屋号やビジネスネームを付けると良いですね。

屋号を付けた場合は、郵便局や銀行によって条件は異なりますが、屋号付きの銀行口座を開設し、管理することができます。

 

屋号の付いた口座の方が、お客さまがお金を振り込まれた際に安心という点でも良いでしょう。(特に金額が高額な場合。)

顧客や取引先からの信用に繋がります。

 

社会的信用という意味でも屋号はつけておいて損はないと思います。

社名や屋号を決めるヒント

それでは、どのようにして社名や屋号を決定したらよいのでしょうか?

 

社名や屋号を付ける際の注意点を書いてみます。

 

※※※※※

 

株式会社を設立する場合は、『株式会社』を入れなければなりません

頭でも後ろでも構いません。

 

個人事業主としてビジネスを行う場合は、『株式会社』『合同会社』という文字を使ってはいけませ

法人格をもっている法人のみに使われるため。

 

他社が登録している商標を使わない

社名として、既に他社が登録している商標を使わないようにしましょう。

今ならインターネットで調べて同じ名前が被ってないか?を調べる事が可能です。

 

変更は手間をとり大変なので、必ず最初に確認しておきましょう。

大手の周知されてる会社の類似な名前も避ける方が後にトラブルにならずに済みます。

※屋号の場合は申請の手続きは必要ありまん。

 

会社名や屋号に合わせたドメインを習得できるかどうかも検討材料にする

最近は起業に伴いウエブサイトを作成する方が増えています。

今後を考え、会社名や屋号に合わせたドメインを習得できるかどうかも検討してみましょう。

 

屋号はのちに変更できます

、なるべく名前は継続された方がお客さまや取引先の関係もありますので、周知される前にある程度考えた方が無難です。

 

書きやすさ・言いやすさを重視する。(ここ重視)

上記にも書きましたが、

お客さまやクライアントにすぐに覚えてもらえて、何となく頭や耳に残る言いやすさを考えた社名・屋号・店舗名を考える事が必要です。

 

なるべく複雑なものではなく、名刺をみても

 

業種は何をしているのか?

 

が一目で分かるような名前をつけるのが理想です。

今後お客さまやクライアントとの会話の中で

 

何故この名前(社名・屋号・店舗名)をつけたのか?

 

という話にもなる事もあるでしょう。

 

そういう意味でも名前の由来に意味を持つ事を説明されると、相手からの印象も変わってきたり興味を持たれる事もあるでしょう。

 

※もしご予算にご都合がつくのならば、姓名判断(ご本名)や四柱推命も併せ見て、ご自身の足りてない部分を補強・バランスをとる観点からも考えてお名前をご提案させて頂きますので、更に名前にご納得が持てると思います。

 

そして良い画数で整うと、今後あなたの事業の発展に背中を押す事は間違いないでしょう!

 

※※※※※

 

■参考記事

良い社名・店舗名→商売繁盛⤴ゲン担ぎ!

 

【姓名判断】【四柱推命】の命式+環境=適職のヒント!

 

※※※※※

上記を踏まえ、あなたの今後の勝負にふさわしいお名前を色んな側面から判断し、命名させて頂きますので、もしご入用の際にはお声かけくださると嬉しいです。

赤 兩椛
せき りょうか 東京在住・元関西人。占いを通し人の性情を知り、奥が深いな~と日々感じながら鑑定しています。占いって自分や人をより深く知るもの・転ばぬ先の杖・今後のヒントを知ることだと思っています。おいしい料理とお酒を食することが最高の幸せ! 詳しいプロフィールはこちら
投稿を作成しました 260
[insert page="3364" display="content"]

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る