【四柱推命】節分&立春は新しい年の始まり!【二十四節気図解アリ】

赤 兩椛(せき りょうか)です。

 

節分と立春(四柱推命では2月4日頃から新しい年がスタート)について書いてみました。

2023年はどんな年?』のブログリンク&恵方がわかる早見表も記載しました!

 

(2月3日)節分・翌日(2月4日)は、四柱推命では新しい年のスタートとなります!

 

この記事は2023年1月末に書いています。

 

日本の四季は大きく4つ【春・夏・秋・冬】に分かれます。

 

 

立春(春)は1年のはじまりです!

 

立春(春の始まり・2月4日頃)⇒雨水⇒啓蟄⇒春分⇒清明⇒穀雨

 

 

●立夏(夏)

立夏(夏の始まり・5月5日頃)⇒小満⇒芒種⇒夏至⇒小暑⇒大暑

 

 

●立秋(秋)

立秋(秋の始まり・8月7日頃)⇒処暑⇒白露⇒秋分⇒寒露⇒霜降

 

 

●立冬(冬)

立冬(冬の始まり11月7日頃)⇒小雪⇒大雪⇒冬至⇒小寒⇒大寒

 

 

分りやすく図解で説明すると・・

 

四柱推命では、下側に立春と書いてある位置、(2/4頃)新たな年のスタートとなります。

 

節分(豆まき)は立春の前日とされます。

 

 

●節分⇒年の終わり・大晦日

 

●立春⇒年の初め・お正月

 

という感じですかね。

 

ワンポイント解説

立春と旧正月もまた違い、旧正月とは旧暦の正月(1/1)の事。(今年は1月22日でした。)

春の節分は立春前日。節分は2月3日のイメージがありますが、3日は固定日ではなく、1日程ズレて2月2日や2月4日となる場合もあります。二十四節気(上段丸図)は太陽と地球の位置関係で決まり少しずつズレていきます。公転周期による時間のズレにより変化します。

 

二十四節気(にじゅうしせっき)とは?⇒中国発祥の暦。太陽の動きを元に作られました。

※古代中国の気候は現在の日本と1~2ヶ月のズレがあるので、二十四節気と実際の季節感には差があります。

太陽が移動する天球上の道⇒黄道を24等分したものが二十四節気。

冬至・夏至二至春分・秋分二分は併せて二至二分(にしにぶん)、立春・立夏・立秋・立冬四立(しりゅう)、二至二分と四立を併せて八節(はっせつ)という。

八節を更に細かく分けた物が二十四節気になります。

 

昔は季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられ立春前日の節分に、邪気の象徴である鬼を追い払う行事が定着しました。

 

 

(鬼というコロナの猛威)が今もなお完璧に去る事はなく・・・。冷汗

 

丸3年、いい加減落ち着くかしら?そうであって欲しい。

 

皆さんの心の中にある鬼(物事でも・人物でも)消し去る?リセット&仕切り直ししましょう!

 

※時間を無駄にすると感じる人間関係等はここでリセットがいいかな~と思います。

我慢していた事を実行・手放すでも良いと思います。

後、ラインなどの不要な連絡先、携帯等の写真もここで整理・削除です。容量には限りがあるのでスペースを空けないと新たなものは入ってきません。

 

 

今年の恵方は?恵方の早見表!

 

恵方巻きの『恵方』は『吉方』とも呼ばれ『歳徳神(としとくじん)』という年神様の別称。その年の福徳を司る神様と言われ、歳徳神がいる方角が縁起が良いとされます。

 

 

2023年今年は南南東

 

※方角は毎年変わります。

 

ミニ知識

恵方巻きは関西発祥。かつては丸かぶり寿司』『太巻き寿司と呼ばれてました。関東には1998年頃から広まったみたいです。太巻きには7種類の具材を使用。その数は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので、福を巻き込むと意味付けされている。別の解釈では太巻きを鬼が忘れて行った金棒に見立てて鬼退治と捉える節も。

※商都大阪の風習と言われているが、その起源の定説は未だ存在せず不明な点が多い。

 

食べ方のポイントとして

 

2023年は南南東を向いて黙って黙食。

恵方巻きは原則丸かぶりします。

 

そして恵方の決め方は、東西南北の四方と(四柱推命で言う)十干(甲/乙/丙/丁/戊/己/庚/辛/壬/癸)を組み合わせたもの。

 

恵方とされる方角は4つ。(東北東/西南西/南南東/北北西)しかありません。

 

【恵方:早見表

 

年の 西暦の下一桁 恵方
甲・己 4・9 東北東
庚・乙 0・5 西南西
辛・癸・丙・戊 1・3・6・8 南南東
壬・丁 2・7 北北西

 

南南東が頻度多めです。

 

願い事が叶う・・福を招く・・

商売繁盛を願っている人も・・

 

是非、当日は豆まき&恵方巻きを食べてくださいね。(勿論私も食べます!海鮮恵方巻きが好きです。)

 

ちなみに本来と言いますか(オーソドックスな)の恵方巻きは、

 

かんぴょう

あなご(うなぎ)

キュウリ

厚焼き卵

桜でんぶ

高野豆腐

椎茸煮

 

このあたりですかね。今は、納豆巻き恵方や豚カツ巻き・サラダ巻き恵方など色々売っていますね。子供は豆まきや巻き寿司って喜びますよね♪

 

あ、、、後、豆まき後はすぐ窓やドアは閉める方が良いみたいです。

 

 

さいごに。皆さまが、健康でよい1年がスタートできますように!

 

2023年2月4日11時43分より(新年)スタートとなります。

 

 

今年2023年は『癸卯』年!

 

 

今年はどんな年になるのかな・・?年明けに書いたこちらのブログをお読みください。⇩

 

関連記事

2023年癸卯年はどんな年?(赤流オリジナル)

 

命式的に言うと今年が良い人・あまり良くない人はいるかとは思いますが、

 

●良い人なら飛躍を目指して!(押す・進む・ペースアップ)

●良くない人は慎重に足固めに徹して!(引く・止まる・ペースダウン)

 

それでは、皆さん豆まき&四柱推命の立春を新たな気持ちで迎えましょう!

 

※さいごに。私自身は、2022年・壬寅年があまり良くなかったので、早く新し年に切り替わって欲しかったのでとても楽しみですが、さてさて2023年もどう転ぶでしょうね・・って感じです。頑張ります♪

 

今日はこの辺で。

せき りょうか 東京在住・元関西人。占いを通し人の性情を知り、奥が深いな~と日々感じながら鑑定しています。占いって自分や人をより深く知るもの・転ばぬ先の杖・今後のヒントを知ることだと思っています。おいしい料理とお酒を食することが最高の幸せ! 詳しいプロフィールはこちら
投稿を作成しました 497

丁寧鑑定受付中

大人気の四柱推命!

大人気の命名・姓名判断!

目をそらしてる心理を探るタロット!

自動鑑定ではなくあなたのお悩みやスタイルにあわせたオリジナリティ溢れる鑑定!

分かりやすく丁寧・心がスッキリするとお声を頂いてます。

赤 兩椛(せき りょうか)の鋭い感覚と独特な目線で鑑定します!

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る